アレルギーお勧めの国のフード事故無添加のドッグフード

手作りドッグフードが流行っているのは何故?

昨今のドッグフードの事情などから手作りをする飼い主が増えています。
レシピなどは本やインターネットによって集めることができますし、人間と同じ材料を使うこともできます。

勿論、犬が食べてはいけないものには気を付ける必要がありますし、味付けなどはほとんどいりません。
店によっては手作りドッグフードを冷凍で届けてくれるようなところもあり、
もう作りたくないと思ってしまった時には利用してみてはいかがでしょう。

しかし作らないのは自分の食事も含まれている場合には
犬の食事の方が御馳走に見えてしまうかもしれません。

それほど人間と変わらないのが手作りドッグフードです。
例えば手作りドッグフードのひとつに「豚しゃぶの大根巻き」というのがあります。
薄い豚切り肉を茹でて、千きりした大根に巻いたら出来上がりです。

大根には、アミラーゼ、ジアスターゼといった種類の、消化酵素がたいへんたくさん含まれており、
胃腸の働きを活性化してくれるという効果があります。
人間用は冷しゃぶのたれを付ければ十分食べることができるというものです。
愛犬と同じ食事をするという楽しみが増えますね。

しかも本当に手間にならないような簡単なものも多いですので、
今日は何を食べようかと愛犬の食事を選んでいるつもりが、
自分の食事を選んでいたということも珍しくないようです。

ただ味付けは自分でしなければならないのでお気を付けください。
味まで愛犬に合わせる必要はありません。

これで愛犬の健康もばっちりと考えたいのですが、
固形のドッグフードを食べさせることも忘れさせないようにしなくてはいけません。
何故なら、飼い主が病気になってしまった時や今やいつ不測の事態が起こるのかも分からないからです。

手作りに変えてしまうとドッグフードを食べなくなるということになりやすいので、
あまりに食べない時には食べるまでの根競べまでしないといけなくなるかもしれません。

通販において固形タイプの手作りドッグフードをオーダーメイドで作ってくれる店もありますので、
そういうドッグフードを使ってもいいですから、食べさせる訓練はしましょう。