アレルギーお勧めの国のフード事故無添加のドッグフード

ドッグフードを食べない犬はどうする?

ドッグフードを食べてくれないという飼い主の悩みは多いようです。
新しいドッグフードに変えたとか、成犬用にしたからとかの理由なら問題はありません。
混合して混ぜて少しずつ新しい方も量を増やすという方法によって、
新しい味にも慣れて食べられるようになります。

問題はまったくドッグフードに見向きもしない場合です。
食べるのは副菜の美味しい部分だけというのはグルメな犬ですが、それではダメなのです。
犬は美味しいものの味を覚えるとドッグフードに見向きもしなくなります。

ドッグフードは統合栄養食であり、犬の成長に必要な栄養などが入っているのです。
しかもあのカリカリとした感触が歯石を取ってもくれます。

確かに小型犬でいくら子犬サイズにしても食べにくいようなら、獣医と相談のうえでふやかしたり、
すりつぶしたりの方法は摂りますが、中型犬や大型犬が食べないのは
もっと美味しいものの味を覚えてしまった可能性もあるようです。

そんな時には犬と飼い主の根競べです。
食べないからと美味しい餌であるウエットフードやおやつばかりをあげていてはいけません。
ウエットフードもドッグフードには違いないのですが、ドライタイプのフードを食べることは必要です。

まずはウエットフードhttp://www.humanlikeyou.com/を上に乗せたドッグフードと載せないドッグフードを1日交代でだし、
ある一定に時間が来たら、食べ残してあっても片づけてしまいましょう。

決められた時間以外は心を鬼にして、根比べです。
ねだられてもあげてはいけません。

あまりにも頑固に食べない場合は獣医に相談が必要ですが、
病気になっていないか様子を見て元気ならハンガーストライキに負けるものか
というくらいの気持ちの方がいいそうです。

ただし子犬の場合は成長の途中でもありますので、獣医に相談は欠かせないとのことです。
しかし犬は賢い生き物ですので、きちんとしつけることで覚えていくもので、食べるようになるそうです。
夏の時期は夏バテを起こしていることもありますので、その辺の見極めも必要でしょう。
カラダに優しいドッグフードの紹介http://www.blogsndogs.com/も是非ご覧ください。