アレルギーお勧めの国のフード事故無添加のドッグフード

無添加のドッグフードなら本当に安心?

最近はドッグフードにも不安を感じてしまう事がありませんか。
そんな飼い主が求めているのは原材料がはっきりした無添加のドッグフードです。

http://www.showeryourpets.com/にも書いてあるように最近は人間も食べられます、という宣伝文句が売りになり、
実際に買ってみて食べる飼い主もおられるほどです。
でも意外と飼い主が食べている姿を見て欲しがるのが犬の心理らしく、
飼い主にもらったら嫌がらずに食べることが多いようです。

最近は飼い主が犬の毒見をする時代になったようです。
また無添加のドッグフードhttp://www.letthemserve.com/の1回分を出すと少なく感じてしまう人が多いようなのですが、
きちんとした原料からなるものは高カロリーの上、余計な添加物などがない分、半分ほどになってしまいます。
それが普通であり今までが食べ過ぎだったのだと教えてあげて、ねだられてもあげすぎないようしましょう。

今まで多かったものは余計なものだったのだとしたら、栄養バランスが悪く、
少しコロッとしてしまった犬のダイエットにもなります。

犬の肥満も人間と同じで身体によくありませんので、
余計なものを身体に入れないという意味でも安心して食べさせられるでしょう。

ここでどのような無添加のドッグフードがあるかをひとつみてみましょう。
「NDFナチュラルドッグフード」は高品質のイギリス産ラム(子羊)肉を用い、
乾燥ラム肉に加えて、生のラム肉をさらにふんだんにブレンドして使用しているドッグフードです。

またハーブに含まれる天然の酸化防止作用や抗菌作用が保存料としての機能を果たし、
合成保存料を添加せずに品質を保つことができます。

ちなみにおやつとして「ナチュラルドッグフード チキントリーツ」というのもあります。
ドッグフードが無添加になってもおやつが添加物では折角の意味がなくなります。
おやつは飼い主とのコミュニケーションの意味もありますので失うのは惜しいものです。

ほんの一例でしたが、原材料がはっきりとしたドッグフードは安心と言えるでしょう。

ホームページなどにはすべての材料も記載されていましたが、
本当に一般的なドッグフードに比べればわずかだといえます。
これが無添加というなによりの証なのでしょう。
こちらhttp://www.theobviousblog.net/にはドッグフードの様々なタイプについて詳しく掲載されています。是非ご覧になってください。