アレルギーお勧めの国のフード事故無添加のドッグフード

ドッグフードはどの国のものがお勧め?

はっきりといって日本はドッグフードなどのペットフードは後進国です。

穀物はよくないというのに外国のドッグフードには穀物が入っているという話もよく聞きますが、
実は外国のドッグフードはあくまで副食であり、主食には人間が食べるような肉を与える
という話も多いのです。

http://www.supreme-directory.com/にも書いてあるように、日本のように100%ドッグフードに頼っていること自体が後進国と言われている所以なのかもしれません。
先進国と言われるドイツのボッシュドッグフードは国際認証を取得した自社工場で生産しており、
原材料も人間が食べられることが当たり前のものが前提とされています。
またドイツにて完全製品が生産されたのち、保冷コンテナで輸送されるという仕組みです。

アメリカも連邦政府の農務省と米国食品医薬品局、とさらに、
州政府の二重の検査をしたのち、ドッグフードを判断していますし、
AAFCO(米国飼料検査協会)の給与試験によって安全性を判断しています。

しかし日本に来るまでの防腐剤などによっては危険とされているものも多いのも事実です。
確かに国の中で保証されていても長い船旅などに対応する過程において、
何も処置をしないわけではないことから、国とは違う商品になってしまっているといえなくもないのです。
そういう意味ではやはり国産に目を向けた方がいいのかもしれません。

国産のドッグフードhttp://www.wanderers-rest.com/も最近は無添加やオーガニックに目を向けられるようになりました。
しかも国産にこだわり材料まで国産にこだわり、
しかも国内ですので長期輸送がないというのがメリットといえるでしょう。

国産ドックフードでのクチコミ
人気にある、北海道産のドッグフード、「ノースペット・グランミール」は、
北海道産の肉や魚、農作物などどれも新鮮な素材を使って作られている、美味しいドッグフードです。
それだけではなく、犬の総合栄養食の基準をちゃんとクリアしていることから、獣医にも認められています。

何処の国だからというのではなく、
自分が住んでいる地域を考えて運ばれてくることドッグフードも選びましょう。
気になるドッグフードの相場http://voiceisheard.com/も調べてみましょう。