アレルギーお勧めの国のフード事故無添加のドッグフード

高級なドッグフードは何が違う?

高級なドッグフードは材料が完全で、人間でも食べられるドッグフードと言われています。
例えば犬にとっての先進国であるイギリスにおいては
「英王室のロイヤルワラント」のロゴを使うことを許可されたドッグフードがあり、
実質的な英国王室御用達といってもいいでしょう。

原料は白身魚、さらにウサギや鴨肉を使っており、完全自然食材ですので、
ウサギと日本人ならば思ってしまうかもしれませんが、
貴族のたしなみや狩猟であるイギリスのおいてはとても自然なことなのです。

勿論、添加物などは一切使っていませんので、
犬の身体にとてもいいドッグフードといえるでしょう。
また「ヤラーフード」というドッグフードは
ひとつひとつの原料にオーガニック保証が付いたドッグフードです。

例えば「100%オーガニックドッグフード」は
オーガニックチキンとオーガニックの穀物で作られていますが、
このチキンとは放し飼いの鶏を使用しています。

狭い場所で餌だけ食べて太らされている鶏ではなくて、太陽の光の元で伸び伸びと育ち、
食べる餌も自然食で、投薬によって病気などの感染を防ぐのではなく、自然の中で免疫を保っています。

そんな鶏の肉は十分な運動をして過ごしたために身のしまりも良く、
低カロリーの上に良質で、投薬していませんので薬剤の残量すらない最高の肉です。
ここまでの肉になりますと、人間がスーパーで買う肉よりも良いものであると言ってもいいほどです。

しかしこのようなドッグフードは本当に少なく、
良く見せる工夫や少しでもコストを抑えて利益になるかというのが多いのです。

しかも日本は犬に対しては後進国に入るために、どんなドッグフードを食べて体調が悪くなっても、
獣医に診せることしかできません。
そしてドッグフードを美味しそうに見せるのは人間の目を意識しているとされています。

なぜなら犬にとって世界は白と黒の世界で、飼い主が美味しそうでしょうと見せても分かっていません。
信用する飼い主が嬉しそうにくれるものという認識が大きいと言われています。

だからこそ飼い主である人間が愛犬のために
どんなドッグフードを選ぶのかが問われるといってもいいでしょう。
こちらのドッグフードの種類http://xn--qckubrc3d4m.tk/も参考にご覧ください。