アレルギーお勧めの国のフード事故無添加のドッグフード

危険なドッグフードとは

ドッグフードは見た目では本当に何が使われているのか分かりません。
小粒の塊で、犬が美味しそうに食べていたら食べられるのだと思ってしまっていませんか。

犬は飼い主が与える物を信用して食べます。
その原材料の危険なパターンをお知らせいたします。

まずは肉です。
4Dドッグフード」という死んでしまったために人間が食べられないので、使われるということがあります。

肉副産物は「レンタリング」のものが使われている場合があります。
レンタリングとは肉以外のいらない部位や食肉工場に運ばれるまでに死んでしまった動物たち、
最悪なのは殺処分された犬や猫も入れて、動物性脂肪の元にするとされているのです。
日本にもレンタリング工場はあり、犬猫が肉骨粉になっていることを認めた記事も存在しているそうです。

肉は恐ろしすぎるので、うちの犬はベジタリアンにするという考えを持ちそうですが、犬は肉食の動物です。

しかも穀物や野菜も安全ではないのです。
農薬漬け野菜と言われ、人間には不適切と判断されたものがドッグフードなどに回されているのです。

また塩分は犬にはあまり必要ありません。
ただ食べさせるためだけに必要以上にいれていることがあるのです。
当然ですが犬の身体には大きな負担となります。

また本来であれば肉などの原材料からにじみ出る栄養がないのを誤魔化すために
添加物として、栄養素を人工的に紛れ込ませている場合があるのです。
これらは栄養なので添加物として扱われませんが、
犬の身体は人工物を吸収しにくく内臓負担にもなってしまうでしょう。

これらは究極といってもいいほどに最悪な例ばかりを挙げてまとめたものです。
これらすべてを使ったドッグフードなど考えたくもないほどです。

しかしこの中のひとつの方法を取っているドッグフードも大変危険なものです。
犬の身体に確実にダメージを与えます。

しかも毎日食べるのがドッグフードです。
安全なドッグフードを選ぶのは飼い主の使命であるといえるのではないでしょうか。
こちらhttp://storyassistant.com/も参考に読んでじっくり考えて良いドッグフードを選びましょう。
愛犬の成長に合わせたドッグフードを選ぶことも大切です。
体重管理もしっかりと行っていきましょう。