アレルギーお勧めの国のフード事故無添加のドッグフード

これまでに確認されているドッグフードの事故

ドッグフードを買う時に何の肉が使われているのか分からないようなドッグフードははっきり言って危険です。
「4Dフード」という言葉はご存知でしょうか。

Dead(死んだ動物の肉)、
Dying(死にかけの動物の肉)、
Diseased(病気の動物の肉)の肉、
Disabled(身体の一部に障害をもつ動物の肉)

のことであり、実際にドッグフードなどのペットフードに使用されているという
最低ランクながらも、安いペットフードに使われているという肉です。

人間が食べないけど処分するにはお金がかかるからという理由から、
安さを求める業者が買い取っていたとされています。
安いドッグフードが大人気だった時代には何の疑いもなく買っていたのでしょうが、
こういう事態を知って、今の安いドッグフードを買うことが出来るのでしょうか。

また食品として適さない汚染された非食料米である「事故米」が、普通に販売された事件がありました。
この時は人間も被害にあいましたが、ドッグフードの穀物としても使用されていたのです。
あの時は人間の問題にばかり焦点が当たっていましたが、
ドッグフードに穀物が入っていた犬たちも被害にあっていたのです。

そしてもう何も考えられていないのではないかとされているのが、
防腐剤や添加材を大量に使用したドッグフードです。

確かに人間の食べ物にも添加物などが使用されています。
それでも必ず検査はされていますし、禁止されているものも多いのです。
人間は人間によって守られているといってもいいでしょう。

しかし人間以上に塩分にすら弱い犬が食べるドッグフードには規定がありません。
しかも人間には禁止させているようなものまで使われています。
記載されていても多くの専門的な薬品名を書かれていては、よほど勉強をしないと分かりません。

そうです。
愛犬の命を大切にできるのは、飼い主だけなんです。

なるべく薬品などが使われていないドッグフードや
肉などの種類がはっきりとしているドッグフードを選びましょう。
http://familyfunsoftware.com/hin.htmlにはドッグフードの品質について書かれているので、ご覧になってみてください。