アレルギーお勧めの国のフード事故無添加のドッグフード

犬種別のドッグフードの方がいいの?

ドッグフードは犬種によってその種類が分かれているのが多くあり、
犬を飼っている人にはとても助かるでしょう。

確かに犬の口の大きさに食べやすい大きさであったり、
その犬種がかかりやすい病気の予防などに役には立ちますが、
ドッグフードで肝心なのは、原材料がはっきりしていることと無添加であることです。

多くの無添加のドッグフードはそんなに種類があるわけではありません。
原材料が違うことくらいです。

犬のドッグフードはそれだけでも十分に栄養が摂れています。
ただし病気などになった場合には獣医に相談が必要です。

無添加のドッグフードは病院食としても使いやすいそうですが、
病気によっては専用のドッグフードにした方がいいでしょう。

それでは何故、犬種別のドッグフードというものがあるのでしょうか。

実はメーカーが種類を多く陳列するために作ったとも言われています。
勿論、その犬の種類にあわせたドッグフードにも工夫はされていることでしょう。
しかしそれが添加物を増やしているだけでしたら、
やはり無添加のドッグフードの方がお勧めといえるのではないでしょうか。

ドッグフードにおいて大切なのは、
原材料がはっきりしたものであるということと無添加であるということです。

勿論、その犬種のドッグフードは身体にあっているし、
よく食べるというのなら無理に変えることはありません。
ただその前にパッケージに書かれてある添加物がどんなものか理解するようにしてください。

残念ながらドッグフードにおける日本の規定はないようなもので、メーカー自体にかかっているといえます。
そして少し有名なメーカーの犬種別をみても、とんでもないものが入っているとは言えませんが、
添加物が多いと言わざるを得ません。

おそらく将来の病気に備えてのことですが、
備えるあまりに余計なものを愛犬の身体に蓄積することになるかもしれません。

どちらがよいのかを決めるのは飼い主です。
愛犬のことを考えて決めましょう。